3.11 Appeal English ver.

スローガン英語

 In the early hours of November 22nd, 2016, a 7.4-magnitude earthquake and tsunami struck the Fukushima coastline, which caused the spent fuel cooling systems of the Fukushima Daini (No.2) Nuclear Power Plant third reactor to stop. This immediately brought us back to March 11th five years ago—the catastrophic nuclear accident.
Tokyo Electric Power Co. (TEPCO) concealed the fact for two days that the cooling system was halted due to water leakage. They also kept secret for three days that a tsunami of 1.6 meters (5.2 feet) had hit the Fukushima Daiichi (No.1) Nuclear Power Plant at that moment. We are now forced to realize that we have no way out, and at the same time, feel deep anger against the outrageous behavior of the government and TEPCO.
We absolutely cannot entrust our future to Prime Minister Shinzo Abe, who does not take responsibility for this and instead keeps pushing for the restart of nuclear plants and rushes towards war.
It is reported that Fukushima children whose families have “voluntarily” evacuated from Fukushima are exposed to serious bullying in their new lives outside their hometowns. This unforgiveable situation is wholly ascribable to the government’s inaccurate, groundless “safety campaign” that has abandoned Fukushima and isolated the victims from the rest of the population. Now is the time for us working-class people to unite to abolish all nuclear power plants and take back our future.
We are holding the Anti-Nuclear Plant Fukushima Action on March 11th, 2017.
The main slogan is:
“Fight Back! Defend the Right to Evacuation, Life and our Children’s Future!”
We call for your endorsement of and participation in this action.

 We protest against the forced return to the Fukushima hot zone where people are still forcibly exposed to radiation! We won’t allow the termination of thyroid examination!

The government is now forcing all evacuees to return to their hometowns except for the so-called “difficult-to-return zone.” Moreover, the Fukushima prefectural government has announced it will stop providing free housing at the end of March 2017 to nuclear “voluntary evacuees.” Although 175 Fukushima children have been diagnosed with thyroid cancer or suspected cases, the Fukushima prefectural government is planning to scale down thyroid ultrasound examination. Many Fukushima people, including those thyroid cancer patients who have continued to suffer, are now erupting in anger.
Led by Fukushima Collaborative Clinic, we have launched a petition to protest the forced exposure and return of evacuees, while working toward realizing March 11th Anti-Nuclear Plant Fukushima Action. It is time to bring together all our angry voices as one and turn it into a great source of strength.

 We don’t need the Olympic Games in Tokyo in this explosive situation! Let’s wage a general strike like the Korean people’s general strikes!

 In South Korea, 1-2 million workers, students and farmers are demanding the immediate resignation of President Park Geun-hye, led by the Korean Confederation of Trade Unions (KCTU), including Korean Railway Workers’ Union (KRWU), which has continued to wage general strikes.
“We cannot live any longer” is the angry voice of young workers and students in South Korea, who are confronting rampant irregular employment and poverty. They are now the driving force of the decisive struggle at the crossroad of history: the eve of a proletarian revolution, the age of war or revolution. The same situation and task is shared in Japan, the U.S and the whole world with the Korean working-class people.
By 2020, the year of the Tokyo Olympic Games, JR is intending to resume all services on the Joban Line, which passes close to the wrecked Fukushima Daiich Nuclear Power Plant. With repeated strikes in order to refuse to work in conditions that would expose them to radiation, Doro-Mito workers have been fighting to prevent this plan. They proudly feel it is their responsibility to defend all crews, passengers and residents from the disastrous restart of the JR Joban Line.
We call on workers in local government, education, health care, infrastructure construction, transportation and more who have been pressured by the policies of the “return home” propaganda campaign in their respective work places, to fight against this forcible work under radioactive conditions by waging strikes led by unions.
The government-subsidized apartments for “voluntary evacuees” will be cut off with the intention of forcing these evacuees to return home. Now we face the problem of whether or not local government unions can resist the policy of forcing these evacuees.
TEPCO recently admitted high school students, accompanied by teachers, visit the premises of the destroyed Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant and even without wearing protective clothing against radioactive dust. It is the teachers’ union that must wrestle against such an atrocious policy.
If the nuclear power plant workers set up a new union and if we wage a general strike together, it will give birth to a future vision of a new society of our own.
On the sixth anniversary of March 11th, let’s fight now to take everything back. Let’s gather all the angry people for the success of the Anti-Nuclear Power Plant Fukushima Action on March 11th, 2017. Please join us.
スポンサーサイト

3.11反原発福島行動'17呼びかけ文

3・11反原発福島行動17 呼びかけ文

11月22日早朝の福島県沖マグニチュード⒎4の地震と津波、そして福島第二原発3号機の使用済み核燃料の冷却停止は、一瞬にして私たちを5年前の「3・11」に引き戻しました。東電は冷却停止原因が水漏れであったことを二日間隠し、第一原発には160cmの津波が押し寄せていたことを三日間隠しました。あらためて「逃げ場」のない現実をつきつけられるとともに、政府や東電に対する腹の底からの怒りがわいてきます。原発事故の責任を居直り、原発再稼働と戦争につき進む安倍政権に私たちの未来をあずけることなどできません。
「自主避難」した子どもに対するいじめも、政府のデタラメな安全キャンペーンによる福島切り捨てと被災者分断にこそ原因があります。いまこそ私たち労働者民衆の団結で全原発を廃止し、未来を奪い返すときです。
「奪われてたまるか! 避難・いのち・子どもの未来」をメインスローガンに開催する3・11反原発福島行動17への全国、全世界からの賛同と参加を呼びかけます。

●被曝と帰還の強制反対! 甲状腺検査打ち切り許さない!
政府は2017年3月までに「帰還困難区域」を除く全市町村への帰還を強制しようとしています。福島県は、2017年3月末で「自主避難者」への住宅補助を打ち切ると表明しました。175人の子どもたちが甲状腺がんないし疑いと診断されているにもかかわらず、甲状腺エコー検査の縮小がもくろまれ、これまで我慢し続けてきた甲状腺がんの患者はじめ多くの県民の怒りが爆発しています。
ふくしま共同診療所を中心として、3・11反原発福島行動のよびかけ人が「被曝と帰還の強制反対署名運動」を立ち上げました。被曝強制への怒りの声を集め、大きな力に変えていくときです。

●オリンピックなんかやってる場合か! ゼネラルストライキの韓国につづこう!
韓国では鉄道労組を中軸とする民主労総のゼネラルストライキを先頭に、連日、100万人、200万人という労働者・学生・農民らが、パククネの退陣を迫ってたたかっています。非正規職化と貧困、「これ以上生きられない」という青年・学生の根源的な怒りを原動力に、「革命前夜」「戦争か革命か」の時代へとはいっています。日本もアメリカも、世界中まったく同じです。このたたかいにつづこう。
 2020年の東京オリンピックにむけたJR常磐線の全線開通に反対し、動労水戸がすべての乗員、乗客、住民の安全を守るために、労働者の誇りと労働組合の責任にかけて被曝労働拒否のストライキでたたかっています。
自治体、教育、医療、インフラ整備、交通運輸はじめ帰還政策を現場で担わされる労働者が、労働組合を先頭に被曝労働絶対反対のストライキにたつときです。「自主避難者」追い出しに、自治体の労働組合が反対できるのかが問われています。高校生に防護服も着させず第一原発見学をさせた問題も、教職員の労働組合が問われています。
原発労働者が労働組合をつくり、私たちがともにゼネラルストライキでたたかうとき、この社会を私たち自らが責任をもって担っていく展望が開けます。すべてを奪い返す6年目へ! 
3・11反原発福島行動17へ福島の怒りの総結集を実現しよう!

Call for endorsement of and participation in Anti-Nuclear Power Plant Fukushima Action on March 11, 2016

ikaringo02_20160106235641e69.gif
【English Version】
We have the power to change the history!
Call for endorsement of and participation in Anti-Nuclear Power Plant Fukushima Action on March 11, 2016
Organizing Committee of March 11 Anti-NPP Fukushima Action in 2016
November 30, 2015

We have the power to change the history! This is the slogan of the Anti-Nuclear Power Plant Fukushima Action on March 11, 2016.

Against the legislation to exercise the right to collective self-defense more than 100 thousand of people filled the square in front of the Diet day after day. Since this mass uprising last autumn a rising tide of the struggle by millions workers, students and other people, has broadened deeply all over the country and around the world.

The struggle of the fifth anniversary of the Earthquake and nuclear reactor meltdowns on March 11th in Fukushima will be fought headed by the unions which have been waging strikes, with Fukushima people’s widespread anger, calling “down with Abe administration which promotes war bills and wages restarting of nuclear power plants”.

Please endorse and participate in this action from all over the country and around the world.

The Abe government plans to lift evacuation orders in all municipalities, where people could receive radiation doses of up to 20 mSv/year, and to force evacuees back into heavily contaminated areas by March 2017 except for “the difficult-to-return-to areas”, which even the government reluctantly classifies as uninhabitable area.

If officials unilaterally declare that their areas are safe, more than 100,000 evacuees could be forced to return home and lose vital monthly compensation from TEPCO. It amounts to economic coercion to cut off “the compensation for mental suffering” and the government-subsidized apartments for “voluntary evacuees”.

The big construction companies harvest large profits from wasteful and ineffective “cleanup” of the contaminated areas. Radioactive substances have been scattered from the decontamination sites including school-commuting roads. And new toxic hotspots have been emerging.

Beautiful forests were unsightly stripped, and the contaminated wastes are packed into thousands and thousands of black bags and moved to such stripped sites or other temporary sites, which lie scattered throughout the surrounding areas, including in the backyard of homes, parking lots and parks.

Nobody locates even now the whereabouts of the melted nuclear fuel.
It is evident that the solution of the problem of the contaminated water at the Fukushima Daiichi Nuclear Plant is impossible and that this radioactive water onslaught will eventually reach the breaking point and any resemblance of containment effort will be abandoned.

Even though over 150 Fukushima children have developed thyroid cancer, both the central and the prefectural governments repeatedly say, “The developments of thyroid cancers in children have nothing to do with the radiation effects.” No one really believes such a lie to be true. The other day, more than four years after the nuclear accident, the Japanese government confirmed for the first time that leukemia found in a worker at Fukushima Nuclear Power Plant is a result of the March 2011 atomic disaster. He is the first case to be awarded workers’ compensation insurance. His cumulative radiation exposure over one year and a half was 19.8 mSv. The Japanese government had set 20 mSv/y as a standard value of public dose limit for radiation exposure in Fukushima. It is really a murderous policy to force evacuees back into such heavily contaminated areas. People in Fukushima are seriously upset and furious.
 
The Japanese government is moving to promote nuclear power generation again as if nothing had happened. But the disastrous nuclear accident had actually happened and we can never erase the fact. Restarts of nuclear power plants and exports of nuclear power plant are absolutely unpardonable. We are now facing a threat of imminent world war. In this situation, what we need to consider is to change fundamentally the present structure of our society. Nuclear works and nuclear “decontamination” works are the ultimate savage casual works. Needy young people, deprived of the means of earning a livelihood, will be recruited through a “poverty draft” and assigned to the battle field by the same token. This is also the ultimate savage contingent hiring.

We should establish specific and practical strategies such as how we can set up a labor union which takes control of workplace to minimize radiation exposed work to the ultimate extent possible at Fukushima Nuclear Plant. The railway workers are now playing a leading role of the struggle. The East Japan Railway Company (JR-East) has attempted to open the whole length of the Joban Line which begins from downtown Tokyo and follows the Pacific coasts to Fukushima Prefecture for the purpose of forcing evacuees back to heavily contaminated areas. But the railway workers have organized Doro-Sorengo (Federation of National Railway Motive Power Unions) to stop the JR’s attempt by waging strikes against the work exposed to radiation. Fukushima Collaborative Clinic became the most credible and reliable facility for people who are anxious about daily radioactive exposure. Such constant challenges widen the circle of international solidarity.

Fukushima people earnestly desire to abolish all nuclear power plants and nuclear weapons from the earth and change the society. March 11 is the day for Fukushima People to wreak their anger and fight together with people all over the world.

Children, students, parents, evacuees living in temporary housings, farmers, fishermen and all workers—Let us join together to act as one!

'16呼びかけ文

 変える力はここにある! 私たちが歴史を動かす!-3・11反原発福島行動’16のスローガンです。戦争法に反対して連日国会前を埋めた10万人を超える、そして全国各地での100万人、1000万人といえる労働者・学生・民衆の闘いのうねりは、今もしぼむことなく全国・全世界に広く深く拡大しています。ストライキで闘う労働組合の力を先頭に、福島の怒りの総力結集で「戦争と原発再稼働の安倍政権を倒せ!」の反撃に立つ、それが5年目の3・11福島現地の闘いです。全国・全世界から、賛同・参加のご協力をお願いします。
 政府は、年間20ミリシーベルトを基準に、2017年3月までに「帰還困難区域」を除く全市町村への帰還を強制しようとしています。いまなお県の内外に避難を余儀なくされている10万人を超える人々への精神的賠償も、「自主避難」した人達に対する住宅支援も打ち切られます。ゼネコンだけが潤うアリバイ的な除染作業で、通学路などの放射性物質がいたずらにまきあげられ、新たなホットスポットを作り出しています。美しい里山を無残に削り取ったあとには無数のフレコンバッグの山が築かれ、行き場もないまま野ざらしにされています。事故で溶け落ちた核燃料の様子は今も何も分かっていません。汚染水問題の解決が不可能で、いずれ完全な垂れ流しになることは目に見え ています。
 150人を超える小児甲状腺がんの発症にも「放射線の影響とは考えにくい」と繰り返すのみの国や県を本当に信じている人などいません。先日、福島原発事故収束作業にあたっていた原発労働者としては、はじめて白血病の発症が労災認定されました。累積線量は1年半で19・8ミリシーベルトでした。現場には動揺と怒りが充満しています。年間20ミリシーベルトを帰還の基準にすること自体が殺人的な政策であることは明らかです。
 事故をなかったことにすることなど絶対にできないし、原発の再稼働も海外輸出も言語道断です。世界戦争が目の前に迫っているなかで社会のあり方の根本的変革が求められています。原発労働、除染労働は究極の非正規労働であり、「経済的徴兵」で戦争に若者が駆り出される非正規と貧困の問題とも一体です。
 原発事故収束作業を自分たちの手で管理運営できる労働組合の建設など、闘いは具体的に問われています。帰還強制のためのJR常磐線全線開通を「被曝労働拒否」のストライキで阻止する動労総連合の闘いがその先頭に立とうとしています。「避難・保養・医療」を掲げるふくしま共同診療所も住民の心の拠り所として信頼を集めています。こうしたたたかいの拠点から国際連帯も確実に広がっています。
 3・11は原発と核をなくそう、社会を変えていこうと福島の人々が怒りを怒りとして闘う日、全世界と行動を一つにして行く日です。子どもたち、学生、親たち、仮設の住民、農民・漁民、すべての労働者の怒りと思いを一つに結集し、行動する日にしていきましょう!
2015年11月30日

Call for Endorsement of and Participation in Anti-Nuclear Plant Fukushima Action on March 11, 2015



「Doro Chiba Quake Report」 No.64で、3・11反原発福島行動'15の呼びかけ文の英語版が掲載されました。
ありがとうございます!
福島から世界に叫ぼう-「原発いらない!!」

Doro-Chiba_QR064e.jpg
http://www.doro-chiba.org/english/dc_en14/Doro-Chiba_QR064e.pdf
参加・賛同、ありがとうございました
3・11反原発福島行動'17は、
参加人数は1100人、
カンパは274,322円でした
ありがとうございました
連絡先
MAIL
 3.11fukushimaaction@gmail.com
賛同のお願い
FAXまたはメールでお申し込み下さい

【賛同金送付先】
◆郵便振替
 口座記号番号
 02220-2-135317
 加入者名:
 3.11反原発福島行動実行委員会
◆FAX:
 024-905-7759
◆メール:
 3.11fukushimaaction@gmail.com
◆賛同金:
 1口 1000円
◆お名前、ご住所、電話・FAX、メールアドレスのご記入をよろしくお願いします
呼びかけ人
  • 市川潤子(ふくしま合同労組委員長・福島市)
  • 川俣辰彦(いわき合同ユニオン・いわき市)
  • 斎藤栄一(畜産農家・いわき市)
  • 坂元太平(本宮市)
  • 佐々木信夫(桜の聖母短期大学名誉教授・福島市)
  • 佐藤幸子(川俣町)
  • 椎名千恵子(NAZENフクシマ・福島市)
  • 鈴木起代子(郡山市)
  • 鈴木光一郎(全国農民会議共同代表/酪農家・本宮市)
  • 橋本光一(実行委員長/動労福島委員長・郡山市)
  • 藤井千賀子(郡山市)
  • 布施幸彦(ふくしま共同診療所院長・福島市)
  • 門馬高弘(動労水戸平支部委員長・いわき市)
  • 吉沢正巳(希望の牧場・浪江町)
  • 渡辺馨(福島診療所建設委員会事務局長・伊達市)
  • 2016.12.21現在
福島金曜行動
毎週金曜日18~19時
福島駅東口エイブル前
来年もお会いしましょう
629828227452.jpg
賛同人・団体一覧
3・11反原発福島行動'17へのご賛同ありがとうございました!!
  • あいコープ労働組合
  • 愛知労組交流センター
  • 青木博「『フクシマ』の子ども、住民、働く労働者の生命と健康を奪う国・県と対決して全原発廃炉!!を!! 働く者・住民の手に、政治・社会を奪い返そう!!」
  • 青柳 歩「被ばく労働反対」
  • 吾妻和位
  • 阿部啓輔「自主避難者と共に闘いましょう! 柏崎刈羽原発の再稼働絶対反対!」
  • 新井 治
  • 新井 拓「福島の怒りに真実がある! 世の中を変える力がある!!」
  • 五十嵐吉信
  • 井口伸司
  • 伊豆ハルミ
  • 伊谷 和男(NAZEN事務局)「チェルノブイリでの運動に学んで」
  • 市川潤子
  • 市澤美由紀「飯舘村は、まだまだ線量が高いにもかかわらず避難解除になります。保障も充分でないにもかかわらず。何もかもイヤな事ばかり!! 言いたいことがありすぎて、言い切れず苦しい。」
  • 井上渡
  • 植野定雄
  • 遠坂裕夫(ナゼン関西事務局)
  • 大江厚子
  • 大形敏也(星野さんを取り戻そう!全国再審連絡会議)「自主避難者への住宅補助打ち切りは被曝と帰還の強制です。絶対に許せません。「命より金もうけ」こんな社会を根本から変えましょう。」
  • 大野圭子
  • 大畠信子
  • 織田翔子「命の怒りをなめるな!」
  • 織田陽介(NAZEN事務局長)「被ばくと帰還を強制する安倍を倒せ!!」
  • 小原真喜子
  • 小原 豊
  • 小宮 淳(香川連帯ユニオン)
  • 掛川知行
  • 片山典子「会場へは参加できませんが、このままでは、これまでのあり方ではいけないと、いつも思いながら生活しています。持続した力強い活動に、励まされています。」
  • 加藤正昭(とめよう戦争への道!百万人署名運動・三重連絡会
  • 金山克巳(星野さんを取り戻そう!全国再審連絡会議)「フクシマ、オキナワの怒りと一体で闘い星野文明さんを取り戻そう!」
  • 金子哲夫「被曝労働拒否のたたかいを職場からまきおこすぞ!」
  • 鎌田雅志
  • 鎌田由子「被曝強制の暴挙の数々!! 安倍政権と労働者人民は共存できない!」
  • 川端春枝「こちら京都でも円山音楽堂に集まります」
  • 神田広猛「共に闘おう」
  • 菊地真弓「福島への帰還強制、反対!! 東電、政府が原発事故の責任をとるのが先だ!!」
  • 菊地安長
  • 岸本龍二
  • 北村美和子「被ばくと帰還反対運動を東京の地からふくしまとともに闘います」
  • 金 毅中
  • 日下部 伸
  • 櫛渕秀人
  • 國井庄徳「原発は即時廃止だ!」
  • 群馬合同労働組合
  • 原発なくせ!ちばアクション
  • 原発なくせ!ちばアクション避難プロジェクト@ちば
  • 高知・星野さんを救う会「共にたたかいます」
  • 高陽第一診療所労働組合「団結してたたかい、すべてを奪い返そう!」
  • 国鉄千葉動力車労働組合
  • 小玉忠憲(動労水戸支援共闘よびかけ人代表)
  • 小玉由利子(秋田・星野さんを取り戻す会)
  • 後藤敬作「(チラシの裏にある通り)安倍をたおせ! たおさなければとめられない!!」
  • 後藤尚生(ふくしま合同労組)
  • 後藤美佐子「福島も沖縄も、皆で声を上げなければ。国のなり立ちを変えて行く事。」
  • 後藤健司「『放射線障害防止技術基準法』の改悪阻止しましょう。すべての原発は即刻廃炉にすべきです。」
  • 小林 岳「帰還の強制反対! 国は土壌汚染をちゃんと調べろ!」
  • 小林 寛
  • 小林 徹(山梨合同労働組合書記長)
  • 五味 聖
  • 斎藤 実
  • 在本土沖縄労働者会議
  • 佐々木光
  • 佐藤賢一(江戸川区職)「全ての原発今すぐなくそう!」
  • 佐藤正子「怒りをもって共に闘います。」
  • 佐藤善明
  • 清水彰二(群馬合同労組・執行委員長)
  • 東海林武敬(ともに闘う秋田の会)「被曝と帰還の強制、絶対阻止!」
  • 白石栄子
  • 神藤猛雄「帰還強制反対! 被曝列車を走らせるな!」
  • 神保美彦
  • 杉山 実
  • 鈴木健二
  • 諏訪祥子
  • 全金本山労働組合
  • 全国農民会議・福島支部
  • 十亀トシ子
  • 高玉紀子
  • 高橋恭子(婦人民主クラブ全国協議会福島支部)
  • 高橋弘二「3・11は終わらない。被災者の怒りがある限り!」
  • 高橋俊一
  • 高橋博文
  • 立石美穂「オリンピックやってる場合じゃないです! ともに闘おう!」
  • 田中七重「現在、福島からの署名をガンバッています。廃炉にむけて、廃炉にむけて変わらず頑張りたく思います。抗議行動の数に連なるだけですが、経産省、官邸行動を休まず行っています。」
  • 田中美砂
  • 谷 和司「福島と宮城が団結して、すべてをうばい返す年にしましょう。」
  • 谷 康子(婦人民主クラブ全国協議会宮城支部)
  • 丹治 満
  • 東海合同労働組合
  • 東京北部労組交流センター
  • 動労総連合北陸
  • 徳島医療福祉労組「フクシマの怒りと団結して、韓国のゼネストのような闘いを職場・地域からまき起こすぞ!!」
  • 徳島星野さんを救う会「星野奪還とフクシマの思いはひとつです!」
  • とめよう戦争への道!百万人署名運動・千葉県連絡会
  • とめよう戦争への道!百万人署名運動・三重連絡会
  • 中川育子(関西合同労組泉州支部)「泉佐野ではじめてA2-B-C上映会をしました。大成功しました(人数は20人でしたが)。帰還をおしつけること、被曝の深刻さなどから政府への怒りがわきあがっています。もっともっとこの現実を知らせてほしい(宣伝)というアンケートの声多かったです。NAZENつくります。」
  • 長沢尚子
  • 長沢 宏
  • 中島宏明
  • NAZEN京都
  • NAZENヒロシマ「福島とつながるよりそう署名運動をヒロシマから」
  • NAZEN福岡「ともに闘おう」
  • 奈良雅夫(ナゼン品川)
  • なんぶユニオン
  • 西納岳史「集会の成功へ、ともに頑張ります!」
  • 野村 彰
  • 橋爪利夫
  • 葉山岳夫(弁護士)「被曝労働拒否、常磐線開通反対、被曝と帰還の強制反対、共にガンバロウ」
  • 引地真理子
  • 菱田只之
  • 百万人署名運動東京北部連絡会
  • 深谷由美
  • 福島・星野文昭さんを取り戻す会
  • 藤井精二「帰還強制絶対反対!」
  • 福井秀子
  • 藤ノ木英世
  • 藤ノ木弘
  • 婦人民主クラブ全国協議会
  • 婦人民主クラブ全国協議会広島支部
  • 舟山忠義
  • 古内秀和「帰還と被ばくの強制ゆるすな! オリンピック進める小池と安倍をたおそう!」
  • 古谷貞子「帰宅の強制には絶対反対です。すべての避難者の医療の充実を願います。今も放射能をあび続けながら住んでいる子供達・労働者の事をもっと広めなければと、思います。」
  • 星 佳奈子「NO MOREヒバク強制」
  • 星野暁子「福島も星野も、今年は勝負の年です。一体の闘いで、3・11を勝利させましょう。」
  • 星野さんを取り戻そう!全国再審連絡会議「被曝と帰還の強制に絶対反対します。星野文明さんの闘いを胸に、3・11に参加します。共に勝利しよう!」
  • 松本岳人「原発事故は終わってない!未来のために声あげよう。」
  • 三浦一郎(農家・全国農民会議)
  • 宮里勝博(なんぶユニオン執行委員長)
  • 室本けい子
  • 八尾北命と健康を守る会
  • 八尾北医療センター労組
  • 矢田三恵
  • 山川博康
  • 山下真吾
  • 山田義種「怒りをもって共に闘います」
  • 山本美知子
  • 吉川健明(医師)「甲状腺被ばくの原因は、原発事故だ。政府・東電は、健康被害の責任をとれ」
  • 米山良江「『原発いじめ』、オリンピックへの動員に、教組が声をあげる時です。」
  • 渡子 健
  • 渡辺 誠
  • Cindy Sheehan(アメリカ・反戦の母)
  • John Griffin(アメリカ ILWU国際港湾倉庫労働組合 Local19)「信じられないようなことが起こっていますね。日本政府のやることは本当に滅茶苦茶です」
  • Rodger Scott(アメリカ教育労働者連盟)「全世界の数百万の人々と共に、人民にとって大変重要な貴闘いを称賛し支持します」
  • RWU アメリカ・鉄道労働者連帯委員会「私たちは互いに信頼し合わねばならない。私たちの置かれている立場は完全に一つである。したがって私たちは絶対的にお互いを頼りにする。団結がなければ手も足も出ず、団結があれば不可能なことはない」
  • Steve Zeltzer(アメリカ)
  • 他10名
    以上153名・団体
    (敬称略 2017.3/11現在)
    カテゴリ