スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッジの差し入れ頂きました

茨城の方からバッジの差し入れを頂きました!

ほしい方は、事務局にメールを下さい。
スポンサーサイト

福島から鈴木たつおさんを応援しています♪

やってきました!福島金曜行動!


今、都知事選が話題になってますね。
私たちは、福島から鈴木たつおさんを応援しています!


なぜなら・・・


唯一、オリンピック開催に反対している候補だからです

「脱原発」を掲げている候補はいますが、本当に福島の現実と向き合い、原発推進勢力と闘う姿勢が見えるのは鈴木たつおさんだと思います。

鈴木たつおさんの主張はこちらから見られます
鈴木たつおとともに歩む会

都知事選の内容に触れるアピールをすると

3.11反原発福島行動の賛同署名に応じる方が出てきました

どんどん人が集まってきます


千葉から来たという青年もアピール!

「絶望の連鎖を何とか終わりにしたい」という趣旨のアピールでした

都知事選の中身にふれるアピールが再び


すると

今度は高校生が3.11賛同署名!

今日は交流の輪がどんどん広がります


寒い中、いつもの参加メンバーにも気合が入ります





みどりちゃんは秘密保護法反対の自作ビラをまいています


みどりちゃんからパワーをもらったごっぴーが

パワー全開で吠えています


鈴木たつおさんに託す福島の思い”オリンピック返上”

鈴木たつおさん必勝へ!

第2回街頭宣伝

冷たい風吹きすさぶ中、郡山駅前で3・11反原発福島行動'14を宣伝しました。
今回は第2回目です。


02.jpg
呼びかけ人の渡辺馨さん。寒さを吹き飛ばす力強い大演説

03.jpg

04.jpg
たくさんの方がチラシを受け取ってくれました

05.jpg
賛同・メッセージも寄せられました

06.jpg
若い人も多かったです

メッセージの一部を紹介します
07.jpg
「再処理処分場は福島に責任はない。東電の施設に移せ」

08.jpg
「二度と同じあやまちをくりかえさない様にして欲しい」

次回の街頭宣伝は1月26日(日)、郡山駅西口にて行います
ぜひご参加ください

ビラ大拡散中


50部以上、必要な方は事務局メールまでご連絡下さい。郵送します。

私の手ぬぐい活用法From福岡

NAZEN福岡の方が投稿して下さいました!
unnamed.jpg
玄海原発3号機・4号機の再稼働がねらわれている佐賀の県庁前でも毎週、金曜行動が行われています。1月10日、頭に『3.11てぬぐい』一番人気のピンクをつけてわたしも参加しました。みなさま、「3・11反原発福島行動'14」の成功をもぎとりましょう!ともにがんばります。


賛同あつまっています

賛同人・団体一覧です。
前回の記事から追加した方にはがついています。


3・11反原発福島行動'14への賛同が集まってきています。
ありがとうございます。
ただいまの賛同人・賛同団体はこちらです。

愛知労組交流センター
吾妻道子
市川正樹
NGO日本被曝軽減塾
僕の住む群馬県も放射能汚染地域。情報を共有し合って、被曝軽減をして健康を守っていけたらと思います。

大形敏也(星野さんをとり戻そう!全国再審連絡会議)
福島の皆さんの怒りを共有し「命よりも金もうけ」の社会を根底から引っくり返すために闘います。3.11はあくまでも福島現地で怒りの声を上げましょう。
太田綾子
小野千鶴
小原欣吾(福島県労組交流センター)
あきらめられる訳ないでしょ!忘れられる訳ないでしょ!福島から日本を変えよう!福島から世界を変えよう!
鎌田雅志
狩野満男
こころをひとつに頑張りましょう。
国鉄水戸動力車労働組合
すべての原発をなくすまで共に戦いましょう。福島圧殺の常磐線竜田延伸阻止を全力で戦います。
小関恭弘
小玉忠憲
小玉由利子
斉藤征二
齋藤知春
桜井睦平
佐藤秀雄(元福島県職労現業協議会会長)
清水雅彦(日体大・憲法学准教授)
神藤猛雄(星野さんをとり戻そう!全国再審連絡会議)
全金本山労働組合
高橋恭子
高橋俊一
髙橋孝子
竹内佑馬(弁護士)
福島原発被害を繰り返さないために支援します。皆様、共に戦いましょう。
竹中柳一
徳島医療福祉労働組合
徳島星野文昭さんを救う会
星野文昭さんと共に全原発を廃炉にして子どもたちが希望のある未来をえがくことができるように共にたたかいます。
富田剛(たみとや)
反原発★反失業 STOP!何も考えずに黙って死ねという国

長沢宏(百万人署名運動福島県推進委員会)
中島偉晴
福島のみなさんを孤立させてはなりません。皆で「福島還せ」の怒りを政府・東電にぶつけよう。原発を「重要なベース電源」と居直る安倍極悪反動政権を団結した労働者民衆の力で一刻も早く打倒しよう。
橋爪利夫
早山春生
百万人署名運動三重連絡会
福崎裕夫
古座幸一
星野暁子
フクシマから希望を開いていきましょう。

特定秘密保護法に反対する活動をしているうち椎名さん達皆さんに出会いました。1人で闘っている時は「福島が1番の当事者なのになんで怒らないの?」と思っていました。しかし私が知らなかっただけで皆さんや福島の母親たちはずっと厳しい闘いをしていたんです。活動を続けるにつれ福島の人、1人々にも胸に怒りをもっていて、私に話してくれました。70才の男性は低賃金でなれない除選作業をやらされつかれきっていました。30代の男性は非正規雇用の実情を嘆き、10代の女子高生は秘密保護法を作ろうとしている国に不信感を露わにしていました。皆怒っていたんです。そういう思いを1つにしておそれず声を上げればとんでもない力が生まれると私は信じています。どんな形でもいい、工小津することが大事。そこから見えてくるものが必ずある! これは経験者の私が保証します(笑)さぁ今です本当の復興へ一歩ふみ出してみましょう!

山田義種
安倍・猪瀬・東電・マスコミ・・・もろもろの「原子力ムラ」の面々を粉々にうちくだいてやりましょう。フクシマの怒りと力を先頭に国鉄・反原発・改憲阻止・沖縄・星野奪還の2014年へ突き進みましょう。フクシマ(郡山)現地で「3・11」当日の火柱が決定的です。頑張りましょう。
他10名
(2014年1月13日現在、敬称略)



行動の成功に向けて、賛同人・賛同団体を募集しています。
よろしくお願いします。
賛同はこちらからお願いいたします↓
http://fukushimaaction.blog.fc2.com/blog-entry-134.html

1/12 3.11街頭宣伝in郡山駅

1/12 実行委主催の初めての街頭宣伝活動を行いました!


様子をご紹介しますね







あちこちで賛同署名が集まっています


橋本光一さん奮闘中


親子で


ご家族で




椎名さん、話に聞き入っています







若い方、学生の反応がよかったです。

メッセージの一部を紹介

「原発いらない」


「除染土を国会と自民党前に持って行ってほしい」


「次世代の為に!」


「怒り」


「原発反対 子供未来」


「すべての子どもが元気で外で遊べるように…」


「原発に『安全』はない」


「原発は廃止すべき 中学3年生」

毎週日曜日郡山駅で街頭宣伝活動を行います

1/10今年初の金曜行動

今日は今年初の金曜行動

見えずらいですが、気温は氷点下

だけど、行動は熱いよ~

ポスターも作りました


椎名さん髪を切りました!


市川じゅんGo


みどりちゃんと福島の山本太郎さん






古郡くん寒そう

12日~3.11情宣活動を本格始動します

お待たせしました!ビラが完成!

写真をクリックすると、PDFへとびます。
ご活用下さい!

311ビラ表

311ビラ裏

使ってくなんしょ!

今回のビラには福島の状況や感情を表すイラストがたくさん登場しています。
フリー素材集として、ご自由にお使い下さい♪
くり


さかな01


こうし


さかな02


demo_ナッパ服


だいこん


たこ


つばめ


とんぼ


なし


にわとり01


にわとり02

にんじん

ねこ

ぶた


りんご


仮設


ikaringo01.gif


ikaringogundan1.gif



ikaringogundan02.gif


ikaringogundan03.gif

ikaringo02.gif

英語版呼びかけ文完成!

Call for endorsement to and participation in March 11, 2014, Anti-NPP Fukushima Action

We won’t give up! We won’t forget!
—The anger of Fukushima can never be doused!


                          
November 1, 2013
Steering Committee of March 11 Anti-NPP Fukushima Action

“Am I a hibakusha (the exposed to radioactive fallout)?”—murmured casually a high school boy who came to a recuperation program for a short holiday with no blame on anybody else.
“Where were you when the March 11?”—a heartless question that girls are scared of being asked when they reach a marriageable age.
Those fifty nine children*, having been diagnosed with thyroid cancer, are becoming increasingly anxious.
It is an undeniable fact that a growing number of Fukushima children are sharing the same feeling with such boys and girls. They are facing—and will continue to face— with a harsh reality.
The hell with Olympic! Can we allow those people suffering in temporary housing—forced to leave their hometown, separated from their families and deeply hurt—left abandoned by the state? Are we OK, to let the Fukushima people be kimin, or “abandoned people”?

Nuclear power plants were constructed by a handful of pro-nuclear advocates, called the “Nuclear Village” (or nuclear mafia) with a greedy aim of reaping a huge benefit,. When the nuclear accident happened, they soon changed their nameplate to “Decontamination Village” and again plotting to earn profits by conducting phony decontaminations. The scholars under the government’s thumb shamelessly disguise highly radiation-contaminated areas under the name of “safe” places and encourage abandoned people to go back to their hometown under the name of Reconstruction. The government wants to pretend that nothing had happened in Fukushima with the only aim of restarting domestic nuclear plants and exporting nuclear facilities to the world.

Even today, the Fukushima nuclear power plant is still releasing radioactive materials to the air at a rate of 10 million Becquerel per hour.

The workers at the Fukushima Daiichi nuclear power plant are exposed to tremendous levels of radiation. Also, the highly-contaminated radioactive water is flowing into the Pacific Ocean each day and ending up across the world.

Quite contrary to the insincere and false statement of Prime Minister Abe that “the situation (of Fukushima Daiichi nuclear power plant) is under control”, people on the earth are undoubtedly facing the growing risk of their lives from radiation.

“We will never be deceived any longer.” “Construction of many nuclear power plants and their disastrous explosion are the consequence of reducing workers into silent existence obedient to capitalists.”

This summer, supported by the expectation of all layers of citizen, workers and manufacturers including young casual workers, Taro Yamamoto, an independent candidate, won the Upper House Election getting nearly 700 thousand votes.

Times are changing now. The strong will and resolve to change this world have brought about this victory
and opened up a prospect for bright future.

The Diet is making much ado about the planned Olympic Games in Tokyo in an attempt of blacking out grave consequences of Fukushima nuclear power plant accident.

While all political parties are degenerating into a system-friendly force, Taro Yamamotois a single person who opposed to 2020 Tokyo Olympic Games. And, he is courageously shouting on the street to decommission all nuclear plants, to prevent war and to fight against the State Secrecy Act.

The present situation looks quite similar to the prewar Japanese society. But there is a remarkable difference.: now many younger people are following Yamamoto in his contestation and rising up, saying “we will never let you alone in your efforts.”


The nuclear power plants workers symbolize silent casual workers.

If they have got a right to go on a strike by their own union, times will immediately change.

The government is promoting a movement of returning the residents to their still dangerous hometown and thereby forcing the municipal workers and teachers to work in radioactive-contaminated circumstances. If their unions have the strength to hold a strike action, a further step would be made to change the whole situation.

In order to promote such “Back to Hometown” campaign, the Japan Railway East Company is restarting part of Joban Line in highly contaminated zones, which has been shut off since the nuclear accident. However, the militant railway unions have been fighting back against repair and inspection of contaminated trains for the preparation of the reopening of the track. The National Railway Motive Power Union of Mito (Doro-Mito) repeatedly waged strikes to protest and stop this plan. The Koriyama Factory Branch of National Railway Workers Union (Kokuro) demanded protective clothing against radioactive dust for repair work. They are the very pathfinders of crucial struggle focused on internal exposure in the world labor movement.

As the third anniversary of the nuclear accident is nearing, people in Fukushima are seemingly overwhelmed by despair and surrender rather than anger and fighting back. However, strongholds of anti-nuclear struggle with a clear perspective have been also steadily growing. Mothers and doctors decry the Back to Hometown campaign as a human experimentation and concealment of the radioactive exposure; supporters from around the country and the world are collaborating with them.

March 11 is the day of nationwide and worldwide Anti-NPP action: the day of commemoration and struggle: the day of forging unity and solidarity in order to change the society and take back our future. We will make March 11, 2014, a day of fight, gathering all the angry voices in Fukushima. We shall never let the TEPCO and the government evade their responsibility. Let's organize every anger of children, students, parents, residents in the “temporary” housing, farmers, fishers and workers!

No nuclear power plants! No radioactive fallout! Stop abandoning Fukushima!
Overthrow Abe administration!
Let's make a new society without nuclear power plants and weapons!
Let's make a militant demonstration on March 11 with angry voices!

新たな年 3.11郡山へ

おめでとうございますとはなかなか言えない福島ですが…

3.11郡山まで残り二ヶ月となりました


このような感じでビラも作成中です。
皆さんの手もとに届くまで、もうしばらくお待ち下さい。

今回は、東京目黒区で3.11手ぬぐいを販売して下さっているたみとやさんをご紹介します。

リサイクルショップたみとやさん店内


このようにご協力して下さっています。ありがとうございます♪

賛同も頂きました!

富田剛(たみとや)
「反原発★反失業 黙って働いて死ねという国」

賛同のご協力よろしくお願いします。
参加・賛同、ありがとうございました
3・11反原発福島行動'17は、
参加人数は1100人、
カンパは274,322円でした
ありがとうございました
連絡先
MAIL
 3.11fukushimaaction@gmail.com
賛同のお願い
FAXまたはメールでお申し込み下さい

【賛同金送付先】
◆郵便振替
 口座記号番号
 02220-2-135317
 加入者名:
 3.11反原発福島行動実行委員会
◆FAX:
 024-905-7759
◆メール:
 3.11fukushimaaction@gmail.com
◆賛同金:
 1口 1000円
◆お名前、ご住所、電話・FAX、メールアドレスのご記入をよろしくお願いします
呼びかけ人
  • 市川潤子(ふくしま合同労組委員長・福島市)
  • 川俣辰彦(いわき合同ユニオン・いわき市)
  • 斎藤栄一(畜産農家・いわき市)
  • 坂元太平(本宮市)
  • 佐々木信夫(桜の聖母短期大学名誉教授・福島市)
  • 佐藤幸子(川俣町)
  • 椎名千恵子(NAZENフクシマ・福島市)
  • 鈴木起代子(郡山市)
  • 鈴木光一郎(全国農民会議共同代表/酪農家・本宮市)
  • 橋本光一(実行委員長/動労福島委員長・郡山市)
  • 藤井千賀子(郡山市)
  • 布施幸彦(ふくしま共同診療所院長・福島市)
  • 門馬高弘(動労水戸平支部委員長・いわき市)
  • 吉沢正巳(希望の牧場・浪江町)
  • 渡辺馨(福島診療所建設委員会事務局長・伊達市)
  • 2016.12.21現在
福島金曜行動
毎週金曜日18~19時
福島駅東口エイブル前
来年もお会いしましょう
629828227452.jpg
賛同人・団体一覧
3・11反原発福島行動'17へのご賛同ありがとうございました!!
  • あいコープ労働組合
  • 愛知労組交流センター
  • 青木博「『フクシマ』の子ども、住民、働く労働者の生命と健康を奪う国・県と対決して全原発廃炉!!を!! 働く者・住民の手に、政治・社会を奪い返そう!!」
  • 青柳 歩「被ばく労働反対」
  • 吾妻和位
  • 阿部啓輔「自主避難者と共に闘いましょう! 柏崎刈羽原発の再稼働絶対反対!」
  • 新井 治
  • 新井 拓「福島の怒りに真実がある! 世の中を変える力がある!!」
  • 五十嵐吉信
  • 井口伸司
  • 伊豆ハルミ
  • 伊谷 和男(NAZEN事務局)「チェルノブイリでの運動に学んで」
  • 市川潤子
  • 市澤美由紀「飯舘村は、まだまだ線量が高いにもかかわらず避難解除になります。保障も充分でないにもかかわらず。何もかもイヤな事ばかり!! 言いたいことがありすぎて、言い切れず苦しい。」
  • 井上渡
  • 植野定雄
  • 遠坂裕夫(ナゼン関西事務局)
  • 大江厚子
  • 大形敏也(星野さんを取り戻そう!全国再審連絡会議)「自主避難者への住宅補助打ち切りは被曝と帰還の強制です。絶対に許せません。「命より金もうけ」こんな社会を根本から変えましょう。」
  • 大野圭子
  • 大畠信子
  • 織田翔子「命の怒りをなめるな!」
  • 織田陽介(NAZEN事務局長)「被ばくと帰還を強制する安倍を倒せ!!」
  • 小原真喜子
  • 小原 豊
  • 小宮 淳(香川連帯ユニオン)
  • 掛川知行
  • 片山典子「会場へは参加できませんが、このままでは、これまでのあり方ではいけないと、いつも思いながら生活しています。持続した力強い活動に、励まされています。」
  • 加藤正昭(とめよう戦争への道!百万人署名運動・三重連絡会
  • 金山克巳(星野さんを取り戻そう!全国再審連絡会議)「フクシマ、オキナワの怒りと一体で闘い星野文明さんを取り戻そう!」
  • 金子哲夫「被曝労働拒否のたたかいを職場からまきおこすぞ!」
  • 鎌田雅志
  • 鎌田由子「被曝強制の暴挙の数々!! 安倍政権と労働者人民は共存できない!」
  • 川端春枝「こちら京都でも円山音楽堂に集まります」
  • 神田広猛「共に闘おう」
  • 菊地真弓「福島への帰還強制、反対!! 東電、政府が原発事故の責任をとるのが先だ!!」
  • 菊地安長
  • 岸本龍二
  • 北村美和子「被ばくと帰還反対運動を東京の地からふくしまとともに闘います」
  • 金 毅中
  • 日下部 伸
  • 櫛渕秀人
  • 國井庄徳「原発は即時廃止だ!」
  • 群馬合同労働組合
  • 原発なくせ!ちばアクション
  • 原発なくせ!ちばアクション避難プロジェクト@ちば
  • 高知・星野さんを救う会「共にたたかいます」
  • 高陽第一診療所労働組合「団結してたたかい、すべてを奪い返そう!」
  • 国鉄千葉動力車労働組合
  • 小玉忠憲(動労水戸支援共闘よびかけ人代表)
  • 小玉由利子(秋田・星野さんを取り戻す会)
  • 後藤敬作「(チラシの裏にある通り)安倍をたおせ! たおさなければとめられない!!」
  • 後藤尚生(ふくしま合同労組)
  • 後藤美佐子「福島も沖縄も、皆で声を上げなければ。国のなり立ちを変えて行く事。」
  • 後藤健司「『放射線障害防止技術基準法』の改悪阻止しましょう。すべての原発は即刻廃炉にすべきです。」
  • 小林 岳「帰還の強制反対! 国は土壌汚染をちゃんと調べろ!」
  • 小林 寛
  • 小林 徹(山梨合同労働組合書記長)
  • 五味 聖
  • 斎藤 実
  • 在本土沖縄労働者会議
  • 佐々木光
  • 佐藤賢一(江戸川区職)「全ての原発今すぐなくそう!」
  • 佐藤正子「怒りをもって共に闘います。」
  • 佐藤善明
  • 清水彰二(群馬合同労組・執行委員長)
  • 東海林武敬(ともに闘う秋田の会)「被曝と帰還の強制、絶対阻止!」
  • 白石栄子
  • 神藤猛雄「帰還強制反対! 被曝列車を走らせるな!」
  • 神保美彦
  • 杉山 実
  • 鈴木健二
  • 諏訪祥子
  • 全金本山労働組合
  • 全国農民会議・福島支部
  • 十亀トシ子
  • 高玉紀子
  • 高橋恭子(婦人民主クラブ全国協議会福島支部)
  • 高橋弘二「3・11は終わらない。被災者の怒りがある限り!」
  • 高橋俊一
  • 高橋博文
  • 立石美穂「オリンピックやってる場合じゃないです! ともに闘おう!」
  • 田中七重「現在、福島からの署名をガンバッています。廃炉にむけて、廃炉にむけて変わらず頑張りたく思います。抗議行動の数に連なるだけですが、経産省、官邸行動を休まず行っています。」
  • 田中美砂
  • 谷 和司「福島と宮城が団結して、すべてをうばい返す年にしましょう。」
  • 谷 康子(婦人民主クラブ全国協議会宮城支部)
  • 丹治 満
  • 東海合同労働組合
  • 東京北部労組交流センター
  • 動労総連合北陸
  • 徳島医療福祉労組「フクシマの怒りと団結して、韓国のゼネストのような闘いを職場・地域からまき起こすぞ!!」
  • 徳島星野さんを救う会「星野奪還とフクシマの思いはひとつです!」
  • とめよう戦争への道!百万人署名運動・千葉県連絡会
  • とめよう戦争への道!百万人署名運動・三重連絡会
  • 中川育子(関西合同労組泉州支部)「泉佐野ではじめてA2-B-C上映会をしました。大成功しました(人数は20人でしたが)。帰還をおしつけること、被曝の深刻さなどから政府への怒りがわきあがっています。もっともっとこの現実を知らせてほしい(宣伝)というアンケートの声多かったです。NAZENつくります。」
  • 長沢尚子
  • 長沢 宏
  • 中島宏明
  • NAZEN京都
  • NAZENヒロシマ「福島とつながるよりそう署名運動をヒロシマから」
  • NAZEN福岡「ともに闘おう」
  • 奈良雅夫(ナゼン品川)
  • なんぶユニオン
  • 西納岳史「集会の成功へ、ともに頑張ります!」
  • 野村 彰
  • 橋爪利夫
  • 葉山岳夫(弁護士)「被曝労働拒否、常磐線開通反対、被曝と帰還の強制反対、共にガンバロウ」
  • 引地真理子
  • 菱田只之
  • 百万人署名運動東京北部連絡会
  • 深谷由美
  • 福島・星野文昭さんを取り戻す会
  • 藤井精二「帰還強制絶対反対!」
  • 福井秀子
  • 藤ノ木英世
  • 藤ノ木弘
  • 婦人民主クラブ全国協議会
  • 婦人民主クラブ全国協議会広島支部
  • 舟山忠義
  • 古内秀和「帰還と被ばくの強制ゆるすな! オリンピック進める小池と安倍をたおそう!」
  • 古谷貞子「帰宅の強制には絶対反対です。すべての避難者の医療の充実を願います。今も放射能をあび続けながら住んでいる子供達・労働者の事をもっと広めなければと、思います。」
  • 星 佳奈子「NO MOREヒバク強制」
  • 星野暁子「福島も星野も、今年は勝負の年です。一体の闘いで、3・11を勝利させましょう。」
  • 星野さんを取り戻そう!全国再審連絡会議「被曝と帰還の強制に絶対反対します。星野文明さんの闘いを胸に、3・11に参加します。共に勝利しよう!」
  • 松本岳人「原発事故は終わってない!未来のために声あげよう。」
  • 三浦一郎(農家・全国農民会議)
  • 宮里勝博(なんぶユニオン執行委員長)
  • 室本けい子
  • 八尾北命と健康を守る会
  • 八尾北医療センター労組
  • 矢田三恵
  • 山川博康
  • 山下真吾
  • 山田義種「怒りをもって共に闘います」
  • 山本美知子
  • 吉川健明(医師)「甲状腺被ばくの原因は、原発事故だ。政府・東電は、健康被害の責任をとれ」
  • 米山良江「『原発いじめ』、オリンピックへの動員に、教組が声をあげる時です。」
  • 渡子 健
  • 渡辺 誠
  • Cindy Sheehan(アメリカ・反戦の母)
  • John Griffin(アメリカ ILWU国際港湾倉庫労働組合 Local19)「信じられないようなことが起こっていますね。日本政府のやることは本当に滅茶苦茶です」
  • Rodger Scott(アメリカ教育労働者連盟)「全世界の数百万の人々と共に、人民にとって大変重要な貴闘いを称賛し支持します」
  • RWU アメリカ・鉄道労働者連帯委員会「私たちは互いに信頼し合わねばならない。私たちの置かれている立場は完全に一つである。したがって私たちは絶対的にお互いを頼りにする。団結がなければ手も足も出ず、団結があれば不可能なことはない」
  • Steve Zeltzer(アメリカ)
  • 他10名
    以上153名・団体
    (敬称略 2017.3/11現在)
    カテゴリ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。