スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うれしいプレゼント♪

「俺げが手に持っているものはなんでしょう??」by呼びかけ人橋本光一さん


じゃぁぁん!!

今年の新福島の怒りキャラのダチョウのバッジを茨城県の方から頂きました。
毎年、バッジを作ってプレゼントして頂いています。感謝です☆
スポンサーサイト

ニュース№2

ニュース第二弾は、橋本・大阪市長が強制した入れ墨調査を拒否して闘っている大阪市役所の労働者です。

0128_omote.jpg

0128_ura.jpg

ニュース№1

3・11反原発福島行動'15に向けたニュースレターを発行しています。
毎週、全国の自治体で働く仲間のメッセージを掲載していきます。
第一弾は、地元本宮市の労働者です。

クリックしてpdfをダウンロード

クリックしてpdfをダウンロード

水曜日の街宣やりました

1/28水曜日、郡山駅前で3・11反原発福島行動を呼びかけました。
行動の呼びかけ人が中心となって、チラシ配布と賛同あつめを行いました。

IMG_0166.jpg
呼びかけ人の樋口正太郎さん。

IMG_0175.jpg
呼びかけ人の橋本光一さんも、仕事帰りに合流☆
2・15国鉄集会in郡山の呼びかけ人ということもあり、2月15日に郡山駅前ビッグアイで行われる国鉄集会もあわせて呼びかけました。

IMG_0177.jpg
賛同署名とカンパも集まりました。ありがとうございました。

次回は日曜日です☆
一緒に呼びかけできる方を募集しています☆

新メンバー追加!

福島の怒りを象徴する新たな仲間が加わりました!
いのぶた1
”いのぶた”ちゃんです☆

いのぶた2

避難区域で自然交配で誕生したいのぶたちゃん。とても繁殖力が強く、家や田畑を荒らし、帰還を阻んでいるということで、出産時期に合わせて処分されているいのぶたです。
ちなみにいのぶた肉から6000ベクレル検出されています。

※チラシなどにご自由にご活用下さい♪


1/25郡山駅前で街頭宣伝を行いました☆

毎週日曜日は郡山駅前で街頭宣伝を行っています。


原発への怒りに加えて、人質事件から安倍政権の戦争政策への怒りが次々と!



わぁー人手が足りないよ汗


3人で1時間で10筆の賛同署名が集まりました☆

メッセージを紹介

「原発反対!!」


「この国がどこへ向かおうとしているのか。不安でしかたありません。戦争に行くために息子を育てたつもりはありません」


「一刻も早く問題を解決してほしい 郡山師高1」


「再稼働阻止 全原発廃炉」南相馬市の方

街宣後は、街宣カーで郡山市内を周遊し、呼びかけました!


活動をがんばった後は、ラーメンを食べました♪

2/8被曝させない いわきデモやります☆

本行動の呼びかけ団体である動労水戸とNAZENいわきが2/8「被曝させない いわきデモ」を呼びかけています☆
ぜひ、参加しましょう!
28いわきデモ表
28いわきデモ裏

呼びかけ人田中徳雲さんのご紹介

fc2blog_2015011022000705a.jpg
※2014.12.30南相馬市小高地区にある同慶寺を渡辺馨さんと丹治満さんが訪問


※6分と22分40秒頃に田中さんのお話を聞くことができます

チラシの発送おこないました

本日1月24日、チラシの発送を行いました。
今年の行動への参加・賛同をよろしくお願いします。

150124.jpg

賛同者のご紹介(1/24現在)

・愛知労組交流センター
・吾妻 道子/伊達市
・市川 正樹/福島市
・大野 圭子 /川崎市
・奥田 靖二(浅川金比羅神社宮司)/八王子市
・小原 欣吾(福島県労組交流センター)/福島市
・群馬合同労働組合/前橋市
 「ふくしまの怒りとつながること。労働者の未来はそこからひろがる。ともに闘いましょう。」
・古座 幸一 /塩釜市
・小林 岳/東京都江戸川区
 「20ミリシーベルトの所に帰還を強制するなんて人殺しと同じです。絶対反対!」
・佐藤 秀雄(元自治労現業評県職業部会長)
・竹中 柳一/南相馬市
・田宮 星/福岡県久留米市
 「今年も福島に行き、みなさんとの行動を胸に刻みます。一緒に原発なくしましょう!」
・東海合同労組
・徳島医療福祉労働組合
・中川 育子/泉佐野市
 「福島の怒りとともに進みたいです。命より金もうけの新自由主義の典型=全原発廃炉!(昨年高速事情で福島にたどり着けなかった関西の一人です。今年は必ずたどり着きます!!)」
・長沢 宏/福島市
・中島 偉晴/川崎市
・NAZEN福岡
 「被曝労働者なしには1日も稼働しない原発に反対です!原発再稼働・新設・海外輸出を許しません。全原発を直ちに廃炉に!」
・夏目 侑子/千葉
・西納 岳史(いわき合同ユニオン書記長)/ひたちなか市
 「4年目の3.11に安倍打倒の怒りの大結集を!」
・婦人民主クラブ全国協議会
 「4年目の3.11福島の怒りと団結して進みます。
再稼働阻止!全原発廃炉!核武装許さない!戦争絶対阻止!
避難・保養・医療今こそ必要!国際連帯・労働者民衆の団結固く前に進もう!」
・吉田和生/福岡県久留米市
 「福島とともに川内原発再稼働阻止!」

他3名2海外
以上6団体20人2海外
りんご

引き続き、みなさまの賛同、メッセージおねがいします!

私も賛同します②

・婦人民主クラブ全国協議会
4年目の3.11福島の怒りと団結して進みます。
再稼働阻止!全原発廃炉!核武装許さない!戦争絶対阻止!
避難・保養・医療 今こそ必要!
国際連帯・労働者民衆の団結堅く前に進もう!
e13e535a.jpg

私も賛同します①

小野裕通さん(いわき市・動労水戸平支部)

「全原発の廃炉をただちに実現しよう!核はもういらない」
※動労水戸平事務所に掲示してある怒りんご木の前で撮影(5/30 3.11反原発福島行動から贈呈)

粟田さん(NAZENいわき)

「被曝強制許さない!団結して闘おう!」

織田陽介さん(NAZEN事務局長)

「命の問題に妥協点はない」

いわき市の方より

「富岡で今ある事すべてみているよ あまくないぞ ウソをゆるさないぞ!!」

あなたのメッセージお待ちしてます!

呼びかけ人メッセージ③

橋本光一さん(郡山市・国労郡山工場支部)

「東電・政府に絶対に責任とらせる!常磐線被曝労働許さない!」
※光一さんは、青年部時代立て看職人だったとのことで、字&レイアウトがうまいですね☆

ところで・・・「俺げの変化に何か気づかない??」

今年のテーマカラーはパステルカラーにしました!このフリースもいつもだったら選ばない柄なんだけんど、大胆に挑戦してみました☆中に着ているシャツもピンクシャツ、手帳もさわやかなブルーにしました♪

藤井精二さん(郡山市)

「帰還強制を許さないぞ!原発事故避難民への補償金打ち切り絶対阻止!」

富川和朋さん(本宮市・自治体職員)

「東電・政府は原発事故の責任を取れ!」

3.11、みんなで参加しましょう!

Let's 団結ほるる

あっフタバスズキリュウだ

ここはどこでしょう??

ここは、いわき市石炭・化石館-その名もほるる♪双葉郡層で発見された恐竜の化石がダイナミックに展示してあります。

今年の3.11キャラクターになっているフタバスズキリュウをどうしても見たくて、郡山からやってきました☆
っというのは、二の次で、メインは本行動の呼びかけ団体であるNAZENいわき1周年の集いに参加するためにいわきに来たのでした。

正面玄関には、フタバスズキリュウ

わぁおぅ~

双葉郡層からは、アンモナイトの大量産出されていたようです

イラストに「アンモナイトを入れてほしい」と熱く訴えていた小宅氏(いわき市の呼びかけ人)の思いに合点がいきました



ここでは、常磐炭坑の歴史も学ぶことができます。
よ~く見てください。

何かに気づきませんか??

そう、女の人がパンツ一枚で危険な炭坑現場で働いています。
今の原発や除せん労働者とかぶるものを感じました。危険な労働現場で、何の装備もない環境。国のエネルギー政策により、簡単にクビを切られる。。。今も昔も同じいわきの労働者の現実を目の当たりにしました。

炭坑労働組合の歴史も紹介されていました。




見学を終えたところで、いざ、会場である動労水戸平支部事務所へ!
っとその前に腹ごしらえということで事務所の隣にあるラーメン屋さんに行きました

美味しゅうございました

ということで、NAZENいわき1周年の集いへ

あくまで、こちらが目的でいわきに来たのです!
写真は呼びかけ人の小宅貴史さん。いわきからも3.11行動に参加しようと提起。

東京からNAZEN事務局長の織田さんも駆けつけていました


なんと、3.11キャラクターであるフタバスズキリュウを作って下さったのです(NAZEN富田翔子さん作)

感激~☆

織田さんからいわきの仲間を代表して小宅氏へ贈呈

満面の笑み。常日頃、身につけるそうです。

最後に呼びかけ人の川俣辰彦さん(いわき市・いわき合同ユニオン、動労水戸平支部)からメッセージ


3.11は福島県民が一つになって声を上げる日にしていきましょう!

同慶寺住職・田中徳雲さんが呼びかけ人に

同慶寺住職の田中徳雲さんが呼びかけ人に加わりました。
同慶寺は、原発から17km地点南相馬市小高区にあります。
避難先のいわき市から通って、お寺を維持されているそうです。

※田中徳雲さんは写真中央
同慶寺は昨年NHKの「ゆく年くる年」でも紹介されたお寺です。

昨年12/30に呼びかけ人渡辺馨さんと実行委員の丹治満さんが同慶寺を訪問しました。
田中徳雲さんは、「復興」「帰還」の中でこのまま押しつぶされてたまるか、あきらめないという気持ちが強烈な方だったそうです。

3/11は福島から声を上げる日にしていきましょう!

賛同が集まっています!

賛同して下った方を紹介します。

・吾妻道子(伊達市)

・市川正樹(福島市)

群馬合同労組
「ふくしまの怒りとつながること。労働者の未来はそこからひろがる。ともに闘いましょう」

・竹中柳一(南相馬市)
「成功を祈ります。ともにがんばりましょう!」

・長沢宏

・会津市の方
「3.11被害者は決して3.11を忘れない」

賛同&メッセージ大募集中です☆
こちらから申し込みできます

スタッフ大募集中

本集会を一緒に成功させていくスタッフを大募集中です☆
当日の集会運営のほかに、街頭宣伝、仮設住宅訪問、イラスト作成、ニュース発行、発送作業などなど、やることは盛りだくさん。

あなたの得意な分野で一緒に盛り上げていきませんか?

スタッフ登録は、事務局メールまでお願いします。


お待ちしてま~す( ´ ▽ ` )ノ

呼びかけ人アピール②


渡辺馨さん(福島診療所建設委員会事務局長)・伊達市
※ふくしま共同診療所キッズコーナーにて撮影


市川潤子さん(ふくしま合同労組委員長)・福島市


椎名千恵子さん・福島市

呼びかけ人メッセージ①藤井千賀子さん(郡山市)

今回から呼びかけ人メッセージを紹介していきますね。

トップバッターは地元郡山市在住の藤井千賀子さん
※インタビュー形式でお話を聞きました。

今年も郡山開催ですが、郡山は地元ですよね?
-出身は田村郡小野町です。郡山に住んで38年。知的障害者の方の施設で働いています。

4年目の3.11を迎えますが・・・
-4年経っても、仮設住宅での生活、甲状腺がんは原発事故との因果関係を絶対に認めず、なかったことにしようとしている-こういった福島の現実に対して、ふざけんな!つぶされてたまるか!という気持ちです。

みなさんにメッセージを
-3.11は、福島でおこっている事実をドンドン伝える日にしていきたいです。再稼働を進める安倍政権にみんなで「ふざけんな!」と声を上げていく日にしていきたいですね。

海外から私たちが賛同します☆

お一人目は・・・・
シンディー
アメリカ反戦の母 シンディーシーハンさん
※イラク戦争で息子さんを亡くされてから、全世界に反戦を訴え、闘っている方です

お次は・・・
スティーブ
アメリカ・サンフランシスコからスティーブゼルツァーさん
※アメリカ反核行動委員会のメンバーで毎月11日に日本領事館前で反原発の声をあげている方です。
 写真は2012年11月の来福のときのもの。

お二人とも、3年連続で賛同して下さっています☆

3.11は全世界に「全ての核と原発なくそう」を叫ぶ日にしていきましょー☆

【韓国発】絶望のおわりで希望を叫んで

本ブログでも紹介した韓国の仲間の高空籠城の闘い。ソウル新聞に取り上げられた記事を紹介します。

※翻訳ソフトを使った翻訳なので、不正確な部分もあると思います

******
写真
「絶望の終わりで希望を叫んで」シー・アンド・エム解雇労働者カン・ソンドクさん

 わずか何日前までも土地の上で新年を迎えることができることだと考えることができなかった。 先月30日午前電話通話で"歳末に心が揺れるかと思ってクリスマスもわざわざ他の日と同じように送った"という彼だ。 その日午後劇的に交渉が妥結した。 地上30m高さ電光掲示板で50日間高空座り込みを行った総合有線放送事業者(SO)シー・アンド・エムの協力業者労働者カン・ソンドク(35)さんも先月31日土地を踏んだ。

 カンさんは電光掲示板から降りるやいなや入院した。 5日ソウル、中浪区(チュンナング)の緑色病院で会った彼は"重々積み上げられたホコリと600個余りの冷却器(期)が戻って出す騒音、電磁波せいで50日間一度もまともに寝つけなかった"と打ち明けた。 座り込み後遺症で右の足と左側肩に神経痛ができたし目まい、頭痛、耳鳴り増税まで加えた。 彼は"病院に入院してもいつも耳で'ウイング~'音がして明け方3時頃眠りからさめたりする"と訴えた。

 シー・アンド・エム事態は間接雇用から始まった。 カンさんなどはシー・アンド・エム ロゴがついた作業服を着て仕事をするがあくまでも'協力業者'所属だ。 元請け(シー・アンド・エム)で下請け業者を変えるたびに雇用不安に苦しめられた。 福祉厚生は考えることさえできないことだ。 2013年シー・アンド・エム協力業者労働者で構成された民主労組希望連帯労組ケーブル放送非正規職支部が"元請けが本当に社長"と主張して生活賃金保障など労働条件改善を要求してきたのも同じ理由であった。 だが、昨年6月請負契約されるが協力業者変更過程で雇用継承拒否などの形式で109人が事実上解雇されたし、労働者は距離に追い出された。

 高空座り込みが長期化して労働界と市民社会団体はもちろん政界の関心が集中するとすぐにシー・アンド・エム側は一歩遅れて交渉意志を見せた。 結局労使はシー・アンド・エムのケーブル伝送網を維持・管理する新しい会社を設立して解雇者109人中離職者を抜いたあげく83人を全部雇用することにした。 また、協力業者が変わる時新しい業者が組合員をまず雇用する一方、廃業してもシー・アンド・エムが組合員雇用安定のために努力すると合意した。 '原職復職'ではないが労使協議を通じて解職問題を解いたという点で意味が大きいというのが労働界の評価だ。

 交渉が妥結したが相変らずカンさんの胸には凝りが残っている。 労働者を高空闘争に追い出す社会現実に対する鬱憤だ。 カンさんは"登ってみなかった人々はその恐れを決して分からない"としながら"それでもあえて高くて危険なところに上がる理由は社会の無関心のため"と声を高めた。 彼はまた"シー・アンド・エムも100人余りの労働者が7月から100日超えて野宿座り込みを行ったが電光掲示板に上がる前には誰も耳を傾けなかった"として"新年には労働者らと疎外されるこれらが高空座り込みという(のは)極限手段を選択することがないように疎通がなされる社会になったら良いだろう"と付け加えた。

カンさんは退院後鳥会社のケーブルTV維持・保守記事で再び'日常'に復帰することになる。 彼は"ひとまず退院をすれば一番最初に光化門(クァンファムン)広場のセウォル号遺族に会いたい"として"生業に復帰した後にもときどき時間をあけて平沢(ピョンテク)工場で高空座り込み中である双龍(サンヨン)自動車労働者らと欧米にあるスターケミカル解雇労働者などを順に訪問するつもり"と話した。
******



Call for Endorsement of and Participation in Anti-Nuclear Plant Fukushima Action on March 11, 2015



「Doro Chiba Quake Report」 No.64で、3・11反原発福島行動'15の呼びかけ文の英語版が掲載されました。
ありがとうございます!
福島から世界に叫ぼう-「原発いらない!!」

Doro-Chiba_QR064e.jpg
http://www.doro-chiba.org/english/dc_en14/Doro-Chiba_QR064e.pdf

【韓国発】C&M109名不当解雇 闘争勝利

本ブログでも紹介していた109名の不当解雇撤回を掲げて高空籠城していた韓国の仲間
12月31日に闘争勝利して、降りてきました☆
750P1050750.jpg


2人のフェイスブックにメッセージが発せられていたので紹介します。
※翻訳ソフトを使用したので、正確ではない部分もあると思います。

*******
"終わりではなく、スタートです"

 先に私どもの一緒に生きる希望連帯C&M正規-非正規職支部の闘争に関心と応援を送ってくださった民主労組傘下の多くの労働組合同志皆さん、常に毎日のように前に立ち上がって闘争に力を注いでくれた多くの市民団体皆さん. 労働者の苦痛はすべての苦痛だと考えて下さって祈祷した宗教団体皆さん. ・腐っている非正規職の問題をこれ以上放置しないとし力を注いでくれた政界、特に新しい政治民主連合乙支路(ウルチロ)委員会所属国会議員皆さん. 歪曲せずに正しい報道のために昼夜を通して闘争現場で取材して下さった記者皆さん. 常に暖かい気持ちで応援を送って下さった市民皆さん. その誰よりも大変な時間を過ごして応援して下さった家族皆さん. すべての方に頭を下げて感謝申し上げます。
 今、大韓民国は"法は皆に平等だ"という話は忘れられていきつつあり、権力と資本に振り回されて、もう憲法も踏みにじり、国会議員資格喪失という判決を下して民主主義を破壊しようとしています。
 私は日々暮らすことも大変な労働者であり、特定政党を支持したり加入して活動したこともなかったが、今日の大韓民国法は私たちのような労働者に向かっていきつつあって、大韓民国を建設した労働者をより一層苦労に追い込んでいるということをたくさん感じて知るようになりました。
 私たちは下りてきたが近くは私どもの兄弟支部であるLGU+支部とSKB支部が闘争中にあって、まだ45M、70M高空には3人の労働者が闘争をしています。 彼らの闘争は自分自身の勝利のためだけの闘争でないことを皆さんがより一層よく知っておられるだろうと考えなります。
 今後さらにどれくらい多くの人々が高いところに上がって大切な生命を捨てて闘争をしなければなりませんか? このような闘争はただ非正規職の問題だけではありません。 非正規職の闘争が押し出されれば正規職また、すべての労働者の問題になることはに明らかです。 故に私たちの闘争は終わりでない開始です。 また、私どもを見守っていた皆さんの中からも、いかなる人にも今の問題は十分に起きる問題です。 私どもは今後の闘争にも熱心に連帯をしながら常に一緒にするようにします。 今日を見守られた多くの方々も最後まで一緒にするようにお願いします。
もう一度私どもの闘争に連帯と応援を送って下さったすべての方に感謝申し上げます。

2014년 12월 31일 강성덕•임정균 올림
*******
10888931_1612510952312761_355772114106729425_n.jpg
参加・賛同、ありがとうございました
3・11反原発福島行動'17は、
参加人数は1100人、
カンパは274,322円でした
ありがとうございました
連絡先
MAIL
 3.11fukushimaaction@gmail.com
賛同のお願い
FAXまたはメールでお申し込み下さい

【賛同金送付先】
◆郵便振替
 口座記号番号
 02220-2-135317
 加入者名:
 3.11反原発福島行動実行委員会
◆FAX:
 024-905-7759
◆メール:
 3.11fukushimaaction@gmail.com
◆賛同金:
 1口 1000円
◆お名前、ご住所、電話・FAX、メールアドレスのご記入をよろしくお願いします
呼びかけ人
  • 市川潤子(ふくしま合同労組委員長・福島市)
  • 川俣辰彦(いわき合同ユニオン・いわき市)
  • 斎藤栄一(畜産農家・いわき市)
  • 坂元太平(本宮市)
  • 佐々木信夫(桜の聖母短期大学名誉教授・福島市)
  • 佐藤幸子(川俣町)
  • 椎名千恵子(NAZENフクシマ・福島市)
  • 鈴木起代子(郡山市)
  • 鈴木光一郎(全国農民会議共同代表/酪農家・本宮市)
  • 橋本光一(実行委員長/動労福島委員長・郡山市)
  • 藤井千賀子(郡山市)
  • 布施幸彦(ふくしま共同診療所院長・福島市)
  • 門馬高弘(動労水戸平支部委員長・いわき市)
  • 吉沢正巳(希望の牧場・浪江町)
  • 渡辺馨(福島診療所建設委員会事務局長・伊達市)
  • 2016.12.21現在
福島金曜行動
毎週金曜日18~19時
福島駅東口エイブル前
来年もお会いしましょう
629828227452.jpg
賛同人・団体一覧
3・11反原発福島行動'17へのご賛同ありがとうございました!!
  • あいコープ労働組合
  • 愛知労組交流センター
  • 青木博「『フクシマ』の子ども、住民、働く労働者の生命と健康を奪う国・県と対決して全原発廃炉!!を!! 働く者・住民の手に、政治・社会を奪い返そう!!」
  • 青柳 歩「被ばく労働反対」
  • 吾妻和位
  • 阿部啓輔「自主避難者と共に闘いましょう! 柏崎刈羽原発の再稼働絶対反対!」
  • 新井 治
  • 新井 拓「福島の怒りに真実がある! 世の中を変える力がある!!」
  • 五十嵐吉信
  • 井口伸司
  • 伊豆ハルミ
  • 伊谷 和男(NAZEN事務局)「チェルノブイリでの運動に学んで」
  • 市川潤子
  • 市澤美由紀「飯舘村は、まだまだ線量が高いにもかかわらず避難解除になります。保障も充分でないにもかかわらず。何もかもイヤな事ばかり!! 言いたいことがありすぎて、言い切れず苦しい。」
  • 井上渡
  • 植野定雄
  • 遠坂裕夫(ナゼン関西事務局)
  • 大江厚子
  • 大形敏也(星野さんを取り戻そう!全国再審連絡会議)「自主避難者への住宅補助打ち切りは被曝と帰還の強制です。絶対に許せません。「命より金もうけ」こんな社会を根本から変えましょう。」
  • 大野圭子
  • 大畠信子
  • 織田翔子「命の怒りをなめるな!」
  • 織田陽介(NAZEN事務局長)「被ばくと帰還を強制する安倍を倒せ!!」
  • 小原真喜子
  • 小原 豊
  • 小宮 淳(香川連帯ユニオン)
  • 掛川知行
  • 片山典子「会場へは参加できませんが、このままでは、これまでのあり方ではいけないと、いつも思いながら生活しています。持続した力強い活動に、励まされています。」
  • 加藤正昭(とめよう戦争への道!百万人署名運動・三重連絡会
  • 金山克巳(星野さんを取り戻そう!全国再審連絡会議)「フクシマ、オキナワの怒りと一体で闘い星野文明さんを取り戻そう!」
  • 金子哲夫「被曝労働拒否のたたかいを職場からまきおこすぞ!」
  • 鎌田雅志
  • 鎌田由子「被曝強制の暴挙の数々!! 安倍政権と労働者人民は共存できない!」
  • 川端春枝「こちら京都でも円山音楽堂に集まります」
  • 神田広猛「共に闘おう」
  • 菊地真弓「福島への帰還強制、反対!! 東電、政府が原発事故の責任をとるのが先だ!!」
  • 菊地安長
  • 岸本龍二
  • 北村美和子「被ばくと帰還反対運動を東京の地からふくしまとともに闘います」
  • 金 毅中
  • 日下部 伸
  • 櫛渕秀人
  • 國井庄徳「原発は即時廃止だ!」
  • 群馬合同労働組合
  • 原発なくせ!ちばアクション
  • 原発なくせ!ちばアクション避難プロジェクト@ちば
  • 高知・星野さんを救う会「共にたたかいます」
  • 高陽第一診療所労働組合「団結してたたかい、すべてを奪い返そう!」
  • 国鉄千葉動力車労働組合
  • 小玉忠憲(動労水戸支援共闘よびかけ人代表)
  • 小玉由利子(秋田・星野さんを取り戻す会)
  • 後藤敬作「(チラシの裏にある通り)安倍をたおせ! たおさなければとめられない!!」
  • 後藤尚生(ふくしま合同労組)
  • 後藤美佐子「福島も沖縄も、皆で声を上げなければ。国のなり立ちを変えて行く事。」
  • 後藤健司「『放射線障害防止技術基準法』の改悪阻止しましょう。すべての原発は即刻廃炉にすべきです。」
  • 小林 岳「帰還の強制反対! 国は土壌汚染をちゃんと調べろ!」
  • 小林 寛
  • 小林 徹(山梨合同労働組合書記長)
  • 五味 聖
  • 斎藤 実
  • 在本土沖縄労働者会議
  • 佐々木光
  • 佐藤賢一(江戸川区職)「全ての原発今すぐなくそう!」
  • 佐藤正子「怒りをもって共に闘います。」
  • 佐藤善明
  • 清水彰二(群馬合同労組・執行委員長)
  • 東海林武敬(ともに闘う秋田の会)「被曝と帰還の強制、絶対阻止!」
  • 白石栄子
  • 神藤猛雄「帰還強制反対! 被曝列車を走らせるな!」
  • 神保美彦
  • 杉山 実
  • 鈴木健二
  • 諏訪祥子
  • 全金本山労働組合
  • 全国農民会議・福島支部
  • 十亀トシ子
  • 高玉紀子
  • 高橋恭子(婦人民主クラブ全国協議会福島支部)
  • 高橋弘二「3・11は終わらない。被災者の怒りがある限り!」
  • 高橋俊一
  • 高橋博文
  • 立石美穂「オリンピックやってる場合じゃないです! ともに闘おう!」
  • 田中七重「現在、福島からの署名をガンバッています。廃炉にむけて、廃炉にむけて変わらず頑張りたく思います。抗議行動の数に連なるだけですが、経産省、官邸行動を休まず行っています。」
  • 田中美砂
  • 谷 和司「福島と宮城が団結して、すべてをうばい返す年にしましょう。」
  • 谷 康子(婦人民主クラブ全国協議会宮城支部)
  • 丹治 満
  • 東海合同労働組合
  • 東京北部労組交流センター
  • 動労総連合北陸
  • 徳島医療福祉労組「フクシマの怒りと団結して、韓国のゼネストのような闘いを職場・地域からまき起こすぞ!!」
  • 徳島星野さんを救う会「星野奪還とフクシマの思いはひとつです!」
  • とめよう戦争への道!百万人署名運動・千葉県連絡会
  • とめよう戦争への道!百万人署名運動・三重連絡会
  • 中川育子(関西合同労組泉州支部)「泉佐野ではじめてA2-B-C上映会をしました。大成功しました(人数は20人でしたが)。帰還をおしつけること、被曝の深刻さなどから政府への怒りがわきあがっています。もっともっとこの現実を知らせてほしい(宣伝)というアンケートの声多かったです。NAZENつくります。」
  • 長沢尚子
  • 長沢 宏
  • 中島宏明
  • NAZEN京都
  • NAZENヒロシマ「福島とつながるよりそう署名運動をヒロシマから」
  • NAZEN福岡「ともに闘おう」
  • 奈良雅夫(ナゼン品川)
  • なんぶユニオン
  • 西納岳史「集会の成功へ、ともに頑張ります!」
  • 野村 彰
  • 橋爪利夫
  • 葉山岳夫(弁護士)「被曝労働拒否、常磐線開通反対、被曝と帰還の強制反対、共にガンバロウ」
  • 引地真理子
  • 菱田只之
  • 百万人署名運動東京北部連絡会
  • 深谷由美
  • 福島・星野文昭さんを取り戻す会
  • 藤井精二「帰還強制絶対反対!」
  • 福井秀子
  • 藤ノ木英世
  • 藤ノ木弘
  • 婦人民主クラブ全国協議会
  • 婦人民主クラブ全国協議会広島支部
  • 舟山忠義
  • 古内秀和「帰還と被ばくの強制ゆるすな! オリンピック進める小池と安倍をたおそう!」
  • 古谷貞子「帰宅の強制には絶対反対です。すべての避難者の医療の充実を願います。今も放射能をあび続けながら住んでいる子供達・労働者の事をもっと広めなければと、思います。」
  • 星 佳奈子「NO MOREヒバク強制」
  • 星野暁子「福島も星野も、今年は勝負の年です。一体の闘いで、3・11を勝利させましょう。」
  • 星野さんを取り戻そう!全国再審連絡会議「被曝と帰還の強制に絶対反対します。星野文明さんの闘いを胸に、3・11に参加します。共に勝利しよう!」
  • 松本岳人「原発事故は終わってない!未来のために声あげよう。」
  • 三浦一郎(農家・全国農民会議)
  • 宮里勝博(なんぶユニオン執行委員長)
  • 室本けい子
  • 八尾北命と健康を守る会
  • 八尾北医療センター労組
  • 矢田三恵
  • 山川博康
  • 山下真吾
  • 山田義種「怒りをもって共に闘います」
  • 山本美知子
  • 吉川健明(医師)「甲状腺被ばくの原因は、原発事故だ。政府・東電は、健康被害の責任をとれ」
  • 米山良江「『原発いじめ』、オリンピックへの動員に、教組が声をあげる時です。」
  • 渡子 健
  • 渡辺 誠
  • Cindy Sheehan(アメリカ・反戦の母)
  • John Griffin(アメリカ ILWU国際港湾倉庫労働組合 Local19)「信じられないようなことが起こっていますね。日本政府のやることは本当に滅茶苦茶です」
  • Rodger Scott(アメリカ教育労働者連盟)「全世界の数百万の人々と共に、人民にとって大変重要な貴闘いを称賛し支持します」
  • RWU アメリカ・鉄道労働者連帯委員会「私たちは互いに信頼し合わねばならない。私たちの置かれている立場は完全に一つである。したがって私たちは絶対的にお互いを頼りにする。団結がなければ手も足も出ず、団結があれば不可能なことはない」
  • Steve Zeltzer(アメリカ)
  • 他10名
    以上153名・団体
    (敬称略 2017.3/11現在)
    カテゴリ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。